注目度急上昇!これからの生活を彩る「平屋住宅」ポータル » 各都道府県の平屋をチェック » 北海道で建てる平屋住宅 » 札幌市の平屋住宅事例

札幌市の平屋住宅事例

北海道の中心都市である札幌市は、人口が190万人以上の大都市です。冬の寒さが厳しい土地でありながら「住みたい街」ランキングでは常に上位にランクイン。

さっぽろ雪まつりやウィンタースポーツ、時計台をはじめとする観光名所やグルメなど、観光地としても人気のエリアになっています。

そんな札幌市でシンプルな暮らしを手に入れたい方は、平家という選択はいかがでしょうか?ワンフロアで全てが完結し、家族のぬくもりを身近で感じられる平屋は、これからのトレンドになるかもしれません

札幌市で平屋が建てれる住宅会社の紹介

平家製作所(株式会社藤城建設)の平屋住宅

事例画像01

引用元:平家製作所
https://hirayaseisakusho.net/works/302

モノトーンの外観がシックな印象を与える平屋住宅。一部にピンクや木の素材を使うことで、シンプルな中にも個性を感じるデザインになっています。大きな窓をふんだんに設置しているため、日中は電気をつけなくても問題ありません。屋根の色と外壁を同色でまとめ、ひときわ存在感を放つ設計です。

事例画像02

引用元:平家製作所
ccumulator-infosum.com

柔らかいトーンの外壁と、真っ白い壁が爽やかなデザインの住宅。正面の小窓は上部に設置し、外部からの視界を遮ります。広い敷地にはカースペースを2台分設置。直線ラインが美しいシルバーのカーポートが、家全体のスタイリッシュな雰囲気を壊しません。玄関前の段差を長く取ることで、ベンチとしての役割も果たします。

事例画像03

引用元:平家製作所
https://hirayaseisakusho.net/works/291

M字型の屋根が特徴的なデザインの住宅は、白と黒のコントラストが青空に映えます。雨を防いでくれる玄関の庇も、屋根と同じデザインを採用。また外壁は2種類のデザインを用いて、可愛らしい印象です。ガーデニングやバーベキューが楽しめる広い庭は、これからどんなテイストに変わっていくのかも楽しめます。

事例画像04

引用元:平家製作所
https://hirayaseisakusho.net/works/329

雪の中にたたずむ、コンパクトで無駄のない真っ白い平屋家住宅。箱型の外観とは正反対に、室内はあたたかい温もりが感じられる住まいです。玄関の扉の横には、光を取り込めるよう小窓を設置。窓の数も最小限に抑え、室内の暖かい空気を逃さない工夫がされています。積雪が多く雪下ろしが大変な札幌でも、高さのない平家なら安心です。

事例画像05

引用元:平家製作所
https://hirayaseisakusho.net/works/323

同じ箱が並んでいるかのようなハイセンスな住宅。窓は横長に取り入れることでデザイン性に長ける上、外からの視線も気になりません。室内も外観と同様、真っ白い壁と黒のシステムキッチンでお洒落にまとまっています。モノトーンの中に木の扉をはめることで、よりモダンな印象です。一度見ると忘れられない、唯一無二の平屋住宅といえます。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋建築の特徴

「シンプルに暮らしたい」「リーズナブルに新築を建てたい」そんな願いを叶えてくれるのが、平屋に特化した平家製作所の強みです。シンプルでかっこいい外観デザインながら、室内は温かく開放感があふれる空間になっています。 お客様の要望をローコストで叶えるため、お金がかかる広告は打ち出していません。また販促物は手作りと徹底した経費削減で、低コスト・高品質を可能にします。平屋専門店だからできる、25種類にも及ぶ平屋プランを完備しています。

企業への口コミ

平屋住宅に関する口コミがありませんでした

企業情報

所在地 北海道札幌市東区中沼町33番地
定休日 記載無し
営業時間 記載無し

株式会社アーキテックプランニングの平屋住宅

事例画像01

引用元:アーキテックプランニング
https://www.architec-net.jp/works/article.html?id=8391&move=1&key2=平屋:&countPerPage=24

グリーンの芝生にブラックの外壁が映えるモダンな平屋住宅です。窓枠にも黒を取り入れており、全体的に黒一色で統一されています。リビングが吹き抜けになっているため立体感があり、2階建ての造りに見えるのが特徴です。敷地はおよそ300坪。ゆったりとしたスペースを設け、動線や使い勝手が計算された贅沢な設計がされています。

事例画像02

引用元:アーキテックプランニング
https://www.architec-net.jp/works/article.html?id=7977&move=1&key2=平屋:&countPerPage=24

2020年7月に完成した平屋住宅は、広い敷地を活かした外観がハイセンス。広々としたリビング、パウダーコーナーを設けた洗面所、外光がたっぷり入るホールなど、ワンフロアに多彩な提案が詰め込まれています。正面玄関の窓は少ない面積で外部からの視線を遮り、奥の方は大きな窓を設置しているのもポイントです。

事例画像03

引用元:アーキテックプランニング
https://www.architec-net.jp/works/article.html?id=7691&move=1&key2=平屋:&countPerPage=24

自然の中に佇むスタイリッシュな平屋住宅は、木目とネイビーの外壁が存在感を増しています。正面からは窓の数も少なく見えますが、家の裏側には大きな窓を設置し、たくさんの光が取り込めるよう工夫がされています。家のどこにいても四季を感じられる設計が魅力的。雪が降ると、また違った景色みせてくれそうな、くつろぎ感に満ちた平屋の家です。

事例画像04

引用元:アーキテックプランニング
https://www.architec-net.jp/works/article.html?id=2946&move=1&key2=平屋:&countPerPage=24

シンプルさを極限まで追求したような、スタイリッシュでスマートな平屋住宅です。美しくすっきりとした外観で、流行に左右されない存在感をキープ。白はクリーンさをアピールできるのが魅力で、玄関ドアをシルバーにすることで大人っぽい印象を与えられます。一方で内装は、木材をふんだんに使った暖かい雰囲気が特徴です。外観と内装のアンバランスさが、訪れる人に嬉しいサプライズを与えてくれます。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04

平屋建築の特徴

アーキテックプランニングが大切にしているのは、お客様の要望を受け入れるイエスマンではなく、プロとして意見すること。お客様と正面から向き合い、末長く暮らせるオンリーワンの家造りがコンセプトです。安心へのこだわりも大きく、全棟「長期優良住宅」「省令準耐火構造」「構造計算」「制震ユニット・ミライエシグマ」搭載としています。また省エネにも力を入れ、家計の負担になる光熱費の低減を実現。札幌を中心に、地元に密着したサービスを提供している会社です。

企業への口コミ

平屋住宅に関する口コミがありませんでした

企業情報

所在地 北海道札幌市北区新琴似10条17-1-15
定休日 毎週火曜・水曜、年末年始、お盆
営業時間 9:00~18:00

サンケイ建匠株式会社の平屋住宅

事例画像01

引用元:サンケイ建匠
http://www.sankei-kensho.jp/works/post-60.shtml

三角屋根の傾斜が美しい、シンプルなのにどこか温かさが感じられる住まいです。屋根の長さがアシンメトリーになっていて、窓の長さと連携させているかのようなデザインも印象的。玄関の横には宅配ボックスを設置して、暮らしやすさを考えた設備を整えています。積雪対策でエアコンの室外機は高めに設置して、故障などのトラブルを防ぎます。

事例画像02

引用元:サンケイ建匠
http://www.sankei-kensho.jp/works/post-57.shtml

真っ白な外観に、淡いグリーンの扉が可愛らしい平家の住宅。所々に設けられた小窓も、外観の雰囲気とマッチしています。外壁に使用されているガルバリウムは20〜25年の耐用性があり、錆びにくく防水性が高いのがメリットです。見た目はシンプルな設計ですが、太陽光発電と蓄電池を搭載しており、停電が起こっても普段と変わらない生活を送ることができます。

事例画像03

引用元:サンケイ建匠
http://www.sankei-kensho.jp/works/-h.shtml

黒とグレーでシックにまとめられた住宅は高級感にあふれたデザインです。手前にガレージを、奥の方に住まいを設置しているので、通行人の視線も気になりません。車庫から玄関までの動線もスムーズで、暮らしやすい工夫がされています。室内は段差に配慮しているので、高齢で車椅子生活になった場合でも、バリアフリーで生活できます。

事例画像04

引用元:サンケイ建匠
http://www.sankei-kensho.jp/works/post-17.shtml

片流れの屋根と平な屋根が重なった、遊び心のある住まい。深みのある木の玄関ドアや、一部だけ黒い外壁を使用しているのが印象的です。四角い小窓が埋め込まれているのも可愛らしい雰囲気。窓を多く取り入れることで、室内は光あふれる空間が広がっています。入口には階段を多めに設置し、積雪対策もバッチリです。

事例画像05

引用元:サンケイ建匠
http://www.sankei-kensho.jp/works/post-4.shtml

北欧の雰囲気を醸し出す一軒家。外壁には災害に強いガルバニウム鋼板を使用しています。壁のあちこちに設置された窓は、いずれも形が違うものばかり。まるで壁に写真や絵画を飾っているかのような素敵な印象です。家の裏側は庭に面していて、太めに縁取られた窓枠もインパクトがあるデザイン。雪が積もると家の存在が強調される、幻想的な住まいに仕上がっています。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋建築の特徴

サンケイ建匠は注文住宅をはじめ、リフォームや売買、土地探しまでワンストップで、住まいに関するお手伝いが可能です。高い品質を確保するため、年間に12棟までしか依頼を受け付けていません。つまり1ヶ月に1棟のみ、厳選されたスタッフでクオリティの高い家造りを実現する建築会社です。 また地域に密着するため、対応エリアを本社より半径30キロ以内の地区に限定しているのもポイント。日本の伝統的な建築を進化させた「ファース工法」で、断熱や調湿を兼ね備えた快適な住まいを提供しています。

企業への口コミ

平屋住宅に関する口コミがありませんでした

企業情報

所在地 北海道札幌市西区八軒9条東4-1-20
定休日 記載無し
営業時間 09:00~17:00

株式会社リビングワークの平屋住宅

事例画像01

引用元:リビングワーク
https://living-work.co.jp/works/20190516/

吹き抜けのリビングが開放的で、ナチュラルなテイストが散りばめられた平屋住宅。天井の梁にライトをいくつも取り付けたインテリアで、センスの良さが光ります。施主の方が共働きなこともあり、時短で家事がこなせる平屋の暮らしが最適だった様子。またエアコン1台で家中が暖まる、省エネの住空間を高く評価されたようです。 ナチュラルな木の素材が活かされているため、数少ないシンプルな家具でも寂しくありません。畳が敷かれたリビング横のスペースは小上がりになっています。

事例画像02

引用元:リビングワーク
https://living-work.co.jp/works/20180806/

黒と木目のコントラストがモダンな平屋の住まい。危険を伴う雪下ろしの問題を解決した、無落雪の三角屋根が特徴です。「シンプルで飽きのこないデザイン」として、外装はもちろん性能面でも満足のいく住宅を完成させました。屋根の傾斜を活かした吹き抜けのあるリビングには、リラックスできる大空間が広がります。 いずれは縁側を設置し、外の景色を見ながらくつろげるウッドデッキを増設する予定だそうです。

事例画像03

引用元:リビングワーク
https://living-work.co.jp/works/hiraya/

ツートンカラーがお洒落な外観の平屋住宅です。事故防止に雪止めができる洋風瓦のおかげで、屋根のメンテナンスは必要ありません。取り付けられた小窓も可愛らしい印象で、外部からの視線も気にならないように設計されています。3つ並んだ窓部分にはロフトが設置されていて、心地の良い風を運んでくれる通り道としても活用。家の裏側は大きなサッシをはめ込み、日差しがたくさん入るデザインとなっています。

事例画像04

引用元:リビングワーク
https://living-work.co.jp/hiraya/

長期優良住宅へのリノベーションで、「全国リフォーム優秀賞」を受賞した住宅です。日差しが差し込む明るいリビングは、木材の梁がインテリアの一部になっています。リビング・ダイニング・小上がりの畳スペースが一体化していて、家族とのコミュニケーションが取りやすい間取りです。和室の下は収納スペースとして活用、大容量の荷物がすっきりと収まっています。和室の一部を板張りにすることで、お花を飾れるスペースにしたところに、センスの良さを感じます。

事例画像05

引用元:リビングワーク
https://living-work.co.jp/hiraya/

老後まで暮らすことを考え、飽きのこないシンプルな間取りの平屋を建築。耐震等級は最高レベルの3で、補助金を活用した長期優良住宅が完成しました。リビングは吹き抜けで広いのですが、高機密・高断熱で冬でも暖かい家になっています。隅に設けられたデスクコーナーは、仕事や家事をするスペースとして大活躍。壁に設置された黒板にはメッセージを書き、家族の伝言板として活用されています。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

リビングワークの特徴は、光熱費を大幅に削減する省エネ住宅が建てられること。北海道が独自に創設した「BIS」の資格を持つ技術者が、設計・施工を行っています。 国が定めた性能基準を上回る家づくりで、寒さが厳しい暮らしを快適に変えてくれるのが強みです。 またデザイン力にも定評があり、オリジナルティ溢れる住まいを作ってくれる建築会社でもあります。「地域の役立つ工務店でありたい」という想いを大切にし、地元に密着したサービスを展開。会社がある厚別区より半径20キロ圏内のお客様が大半を占めています。

企業への口コミ

平屋住宅に関する口コミがありませんでした

企業情報

所在地 北海道札幌市厚別区厚別南6-2-10
定休日 水曜
営業時間 08:30~18:00

有限会社水野建設の平屋住宅

事例画像01

引用元:水野建設
https://minimumstyle.com/works/音更町・yさん宅/

大開口の佇まいと、薪ストーブの煙突が雰囲気のいい平屋の住まい。カラマツの外壁が自然と馴染み、存在感が際立っています。施主様が畑作農家をされていることもあり、周囲は畑が広がる壮大な環境です。冬の寒い日でも、大好きな焚き火で日常を楽しみたいという願いが実現しました。

事例画像02

引用元:水野建設
https://minimumstyle.com/works/芽室町・kさん宅/

完成したばかりの新築ながら、ずっと昔からそこに建っていたかのような、自然に溶け込んでいるモダンな平屋住宅。屋根の中央にある煙突も、周囲の雰囲気に馴染んでいます。 「のびのび子育てができる環境で、老後も夫婦が心地よく暮らせるコンパクトな家」とオーダーが入って建てられた平屋住宅ですが、希望をきっちり叶えるだけでなく、光熱費のランニングコストもコンパクトに抑えました。寒い冬もエアコン1台で、家全体を暖かく包み込みます。

事例画像03

引用元:水野建設
https://minimumstyle.com/works/102/

140坪の敷地に建つのは、およそ29坪のコンパクトな住まい。将来を考え、ワンフロアで全てが完結するシンプルな設計がされています。幅が広い片流れの屋根には、太陽光パネルを設置。自然を活用して生活を豊かにする工夫がされています。売電の利益は暖房などのコストに当て、賢い暮らし方をされているよう。茶色ベースの外壁は汚れが目立たず、メンテナンス費用を抑えることも可能です。

事例画像01
事例画像02
事例画像03

平屋住宅の特徴

「小さくても幸せな暮らしができる家」を目指し、ミニマムスタイルの家を提案している水野建設。人と自然にやさしく、住むほどに愛着がわくような木造住宅を提案しています。また北海道の資源である美しいカラマツを活かし、永く住める強い家造りを追求。地元の素材と北海道の自然を知り尽くした職人が生み出す「100年後も価値のある」丈夫な住まいを実現してくれます。また誰もが憧れる、薪ストーブのある住宅を手掛けてきた実績も豊富です。 水野建設では、「平屋プラン」と「2階建てプラン」の2つのミニマムスタイルを提示。シンプルでコンパクトな住まいは、掃除や家事に追われる奥様の負担を軽くしてくれます。

企業への口コミ

コメント01

新築を思い立っていろいろ調べていたら、1年ほど前にリプランで紹介されていた薪ストーブのあるシンプルな平屋住宅が目に留まりました。その平屋はまさに僕たちが建てたいと考えていた住まいの理想形でした。すぐに、施工した水野建設に新築を依頼しました。

参照元:水野建設公式HP(https://minimumstyle.com/works/音更町・yさん宅/)
コメント02

住まいの壁の厚みに、素人ながら性能の確かさを実感できた水野建設に決めました。新築までにかかった3年は、無駄ではなかったと思います。コンパクトな空間なので、オール電化のランニンクグコストもとても経済的です。

参照元:水野建設公式HP(https://minimumstyle.com/works/芽室町・kさん宅/)

企業情報

所在地 北海道河東郡音更町宝来北1条4-2
定休日 日曜、祝日、第2・4土曜
営業時間 09:00~17:00

株式会社石井建設の平屋住宅

事例画像01

引用元:石井建設
https://www.ishii-kensetsu-obihiro.com/works/works-1153.html

広い敷地に立つ、グリーンの外壁がお洒落な平屋住宅。南側にたくさんの窓を設け、日中は日差しが入りやすい設計にしています。リビングからは庭の家庭菜園が眺められる開放的な空間です。外壁には耐久性に優れたガルバリウムを使用し、災害にも強い家造りを実現。玄関周りだけ木材を使っているのがポイントで、モダンな中にもナチュラルさがプラスされています。天井は5メートルと非常に高いので、お客さんが訪れるとその開放感に驚かれるそうです。

事例画像02

引用元:石井建設
https://www.ishii-kensetsu-obihiro.com/works/works-1135.html

シンプルな構造、自然の素材、飽きのこない色使いで、住むほどに愛着が湧きそうな住宅です。カーポートも家と同じデザインを用いているので、全体的に統一感があります。玄関のドアは奥まったところに設置されており、大雪の日でも家の中に入り込まない設計です。また軒も非常に高く設置されていて、平屋ですが高さが感じられる造りになっています。家を支える木の柱も印象的で、雪から家を守ってくれる庇とのバランスが良い味を出しています。

事例画像01
事例画像02

平屋住宅の特徴

「年間3棟限定」と驚きの建築会社です。これだけで、1件1件に対する家造りへの想いが伝わってきます。打ち合わせ数はハウスメーカーの倍以上の時間をかけ、お客様のこだわりが詰まった家を建ててくれます。 建築工法は2×4を選択し、断熱性や耐震性を高めるために2×6を標準としています。外壁には140ミリの断熱材を入れ、希望するお客様には付加断熱の提案も可能です。 また石井建設では、他の建築会社ではなかなか見られない、着工後の仕様変更も可能としています。コンセントの位置や窓の高さなど、実際に着工してみないとわからない細かな部分を対応してくれるのは、同社ならではの強みと言えるでしょう。

企業への口コミ

コメント01

石井建設さんの平屋のオープンハウスが好印象だったのが大きいですね。平屋は割高だと聞いてはいましたが、自分たちが高齢になったとき、階段は負担になると思いましたし、他の住宅会社のオープンハウスを見た時も、階段が急な家が多かった印象でした。2階建てより割高かと心配はしましたが、大手ハウスメーカーではなく石井建設さんにお願いした段階で、価格面では安心でした。 実際、平屋の家に住んでみて、良かったと実感しています。もともと間仕切りの少ない家が好きで、LDKを広く確保しましたし、どこにいても家族の気配も感じられるのは良かったですね。

参照元:石井建設公式HP(https://www.ishii-kensetsu-obihiro.com/works/works-1153.html)
コメント02

気になっていたところは全て解消できてから着工出来たので我が家への満足度、達成感はとても高いです。ツーバイシックスの充填断熱に加え、付加断熱、トリプルサッシを採用するなど断熱性能にはこだわったのでサイクルコストは軽減できていると感じています。併せて、ハイブリッド給湯暖房の効果も感じていて、1月の光熱費は2万円くらいでした。夏、冬を通じて快適さは申し分なく、夏場の室温上昇も抑えられているので、エアコンも設置していません。

参照元:石井建設公式HP(https://www.ishii-kensetsu-obihiro.com/works/works-1135.html)

企業情報

所在地 北海道帯広市西17条南4丁目42番地23号
定休日 日曜、第2土曜
営業時間 09:00~17:00

イゼッチハウス北海道株式会社の平屋住宅

事例画像01

引用元:イゼッチハウス北海道
https://zeh.jp/sekou/post-6.shtml

「暖かい平屋の家」を切望していたお客様。白と茶色のモダンな平屋が完成しました。玄関の扉は奥まったところに設置され、ドアを開けても雪が入り込まない工夫がされています。断熱と気密に重点を置いた住宅は、賃貸で住んでいたときと変わらない光熱費に、オーナーも驚いているそう。また暖房の余剰熱を利用してカーポートの除雪に役立てる「あんしん融雪システム」を搭載し、暮らしやすい生活が実現できています。

事例画像01

平屋住宅の特徴

光熱費ゼロの家づくりを目指しているイゼッチハウス北海道。省エネやエコだけでなく、「戸建ては寒い」という概念をくつがえす高気密・高断熱の住宅が建てられます。同社が推奨するフルゼッチ【F・ZEH】の家は、太陽光パネルを標準使用。年間18万円ほどの売電収入が見込め、経済効果も抜群です。さらに進化したブラックゼッチ【B・ZEH】の家では、太陽光発電の電力を蓄え夜間に使用したり、停電時に役立てたりと、限りある資源を賢く使うことができます。 地球環境や住む人を大切にする未来を見据えた姿勢が伺える、こだわりの家造りを実践しています。

企業への口コミ

コメント01

無垢材の床やドア、雰囲気ある塗壁、タイル貼りの洗面カウンター、木の格子窓、そんなナチュラル素材を生かした大人のかわいらしさ溢れるマイホームに憧れていました。そして車いす生活を送る長男が生活しやすくて介護もスムーズに行える平屋のバリアフリー設計を基本に、広い玄関、広い脱衣室やお風呂などを要望しました。また命を守る機器を必要とするため災害の際の停電でも電気を確保できる太陽光発電や蓄電池も希望していました。いくつかの会社を検討したところ、無垢の床材など標準仕様が充実し、価格もお手ごろだったのがイゼッチハウスさんが(株)キムラさんとコラボした「Skog(スゴーク)の家」仕様だったんです。それにイゼッチさんでは太陽光発電と蓄電池の商品プランも用意され、積極的に手がけているところも安心できましたね。完成した新居は、家中無垢の床材が敷き詰められていてとても気持ちいいです。玄関もお風呂も広く、すべてのドアを引き戸にしてくれたのでストレスのない暮らしがかなえられて本当に満足しています。

参照元:summo公式HP(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_130439/130439_0001_01/jitsurei/jc_0070/)

企業情報

所在地 北海道札幌市東区北43条東19-2-2 大洋ビル2階
定休日 水曜・祝日
営業時間 09:00~18:00

株式会社アーバンハウスの平屋住宅

事例画像01

引用元:アーバンハウス
https://urban-e.info/gallery/7752/

勾配天井が開放的なリビングと、木の素材を活かした内装が魅力的な住宅です。リビングに設けた小上がりの和室は、お子様の遊び場やくつろぎのスペースとして活用。下部は引き出しをつけて収納に有効利用し、わずかなスペースも無駄にしません。キッチンで料理をしながらでも、家族全体の様子が見渡せるのは、ワンフロアである平屋のメリットです。

事例画像02

引用元:アーバンハウス
https://urban-e.info/gallery/434/

三角屋根が特徴の、シンプルな構造の平屋住宅です。10年、20年経っても飽きない、長く住み続けたくなる設計になっています。周囲に高い建物がないので、日照時間が制限されることなく日差しが家中に注いでくれるでしょう。平屋を建てる場合は、近くにマンションなどの大きな建物が立つ予定がないかも重要なポイントになってきます。

事例画像01
事例画像02

平屋住宅の特徴

スーパーシェル工法による高性能断熱構造で、断熱に絶対的な自信を持っているアーバンハウス。札幌市をはじめ、旭川と北見の3拠点で、地域に密着した家造りを手掛けています。性能にこだわりを持ち、住宅構造体と開口部の工事が終わった時点で気密測定を実施。機密性が高いC値0.2以下を自社基準とし、数値を「性能報告書」としてお客様に提供しているのも特徴です。 また技術力だけでなく、スタッフ一人一人が高い志を持って家造りに携わっているのもアーバンハウスならではの強み。お客様が話しやすい空気作りと、最適なプランの提案を心掛けています。

企業への口コミ

コメント01

性能を重要視していたので、気密や断熱性能に力を入れているアーバンハウスさんに相談しました。希望を丁寧に聞いてくれるスタッフさん全員の対応がとても好印象で、安心して任せられると思いました。住み心地 勾配天井によって、平屋とは思えない開放感があり、広々としています。また、外の気温や湿度に影響されにくく、室内はいつも安定した快適さがあるので、高気密、高断熱の性能を実感して暮らしています。

参照元:summo公式HP(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_urbane/131900_0001_01/jitsurei/jc_0008/)
コメント02

間取りは自分なりに構想を練っていたので、それをカタチにしてもらいました。窓の高さなど、プロならではのアドバイスを参考に、ベストな空間が完成したので、納得しています。家具や小物に至るまで、気に入ったものをセレクトしたので、居心地のいい家が完成し、毎日が幸せです。

参照元:summo公式HP(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_urbane/131900_0001_01/jitsurei/jc_0006/)

企業情報

所在地 北海道札幌市北区新川4条1-1-18 竹岡ビル1階
定休日 水曜
営業時間 10:00~17:00

SUDOホーム(須藤建設株式会社)の平屋住宅

事例画像01

引用元:SUDOホーム
https://sudo-con.co.jp/works/トミノノスミカ/

えんじ色の外壁、縁側に積み重ねられたストーブ用の薪がおしゃれな平屋住宅。北海道の木材をふんだんに使い建てられた自然素材の住まいです。規則性のある屋根と柱の直線が印象的で、メリハリのある外観に仕上がっています。また内装は、たっぷりと幅をとった窓のおかげで、室内と外の自然とが一体になった空間のようです。上部に設置された3連の窓は、吹き抜けになったリビングの明かり取りとして活躍しています。

事例画像02

引用元:SUDOホーム
https://sudo-con.co.jp/works/ミズモトベース/

壁面の大部分に、大きな6面の窓ガラスがはめ込まれた住宅は、地形を活かしたスキップフロアのある平屋になっています。玄関部分とリビングから、6つの窓越しに大空を見上げられる設計です。黒と木目のコントラストが美しく、雪が降る季節でも、新緑の時期でも、家族をやさしく迎えてくれる佇まいに仕上がっています。

事例画像03

引用元:SUDOホーム
https://sudo-con.co.jp/voices/vol118/

「カーテンがない開放感ある暮らしを楽しみたい」と施工主の夢を叶えた平屋の住まい。緑に恵まれた環境を室内にどう活かすかを考えた結果、寝室にいてもお風呂にいても、外の自然が感じられる住まいになったようです。外壁は北海道産のカラマツを利用して、年月が経つごとに味わいが生まれます。

事例画像04

引用元:SUDOホーム
https://sudo-con.co.jp/voices/vol109/

海のそばに住みたいという施主様の希望が叶った平屋の住宅。ナチュラルな風合いが素朴であたたかい外壁は、北海道産のカラマツで仕上げています。庭の中央に植えられた植物は、この家のシンボルツリーのよう。季節ごとに新しい表情を見せてくれるでしょう。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04

平屋住宅の特徴

北海道の風土を活かした家づくりに定評があるSUDOホームは、創業100年の歴史を誇る建築会社です。伝統的な日本建築を原点とし、北米や北欧のテイストを取り入れた新しい住まいを追求してきました。 木材住宅だけじゃなくRC住宅も展開し、設計から施工まで全て自社で一貫して行っています。 家造りにおいては、一級建築大工技能士の資格を持つ大工が担当。木材などは自社カットセンターで加工しているため、品質が安定しているのも強みです。北海道産の無垢材を使い、木部にはホルムアルデヒドを含んでいない植物系自然健康塗料を使うなど、住む人を大切にした配慮がされています。 ハイセンスな間取りやデザインが得意で、口コミや紹介でのお客様も多いとか。完成後は合計3回の定期点検を実施しているので、安心してお任せできます。

企業への口コミ

コメント01

基本的な要望以外お任せしたのですが、提案していただいたプランに、いいな、と思えるアイデアがいっぱいでした。例えば、中庭を多角形にして風の抜けや奥行き感を高める工夫、隠れ家レストランのような外観も気に入っています。

参照元:summo公式HP(https://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_115624/115624_0001_12/jitsurei/jc_0031/)
コメント02

何社かオープンハウスに行きましたが、仕事の丁寧さがダントツでした

参照元:SUDOホーム公式HP(https://sudo-con.co.jp/voices/vol118/)

企業情報

所在地 北海道札幌市豊平区中の島1条5-3-11
定休日 水曜・祝日
営業時間 08:00~7:00

寿建設株式会社の平屋住宅

事例画像01

引用元:寿建設
https://kotobukikensetu.com/case/9484/#group-9

白と黒でまとめられたモダンな佇まいの住宅。3つの棟の真ん中をブラックに配色することで、メリハリが生まれます。奥の棟では同じ形の窓を並べて設置し、直線でスタイリッシュな印象です。5つの個室の中心には30畳のリビングを配置。家族がどこにいても息遣いが感じられる住まいに仕上がっています。

事例画像01

平屋住宅の特徴

耐震性や強度を高めた2×6工法を採用しているのが、寿建設の特徴です。2×4工法よりも1.5倍の壁厚で、壁の曲げ応力も2.5倍ほどの強度を誇ります。耐震等級3で地震対策もバッチリ、安心して暮らせるのも寿建の魅力です。 屋上庭園にも定評があり、水漏れのトラブルは一度もありません。自社施工なので、お客様の希望を綿密に叶えてくれる建築会社といえるでしょう。

企業への口コミ

コメント01

屋上庭園のある家をつくられてます!北海道の雪事情に精通してるからこそできるようで、道内では唯一と聞きました。床暖房も全室ではなく予算に応じてカスタマイズできるようで、他社と違う点がたくさんありました。 土地情報も仕入れてるようで、色々なご提案を頂きました。信頼できる会社さんです!

参照元:寿建設公式HP(https://kotobukikensetu.com/voice/10360/)
コメント02

家を建てようと思って私たちはまず、SUUMOで資料一括請求を行いました。 家を建てるなら早いほうがいいと思い、工務店探しと土地探しを行っていたのですが、寿建設さんにお会いし、話してみた印象がよく、安心してお任せ出来そうだと思ったので、他社さんの話は一切聞かずに迷わず、寿建設さんにお願いすることに決めました。

参照元:寿建設公式HP(https://kotobukikensetu.com/voice/10339/)

企業情報

所在地 北海道札幌市手稲区前田13条10丁目5-23
定休日 水曜
営業時間 09:00~18:00