注目度急上昇!これからの生活を彩る「平屋住宅」ポータル » 各都道府県の平屋をチェック » 埼玉県で建てる平屋住宅 » 入間市の平屋住宅事例

入間市の平屋住宅事例

入間市で平屋の家を建てるには、どんな工務店やハウスメーカーがあるのでしょうか。

平屋に強いハウスメーカーもありますが、実は入間市周辺にも平屋の施工実績が多い工務店もたくさんあります。

ワンフロアだから実現できる開放的な空間や、別の部屋にいても家族の気配が感じられる間取り、家事動線をシンプルにしたいなど、それぞれの好みや希望に合わせられるハウスメーカー、工務店をぜひ見つけてください。

入間市市で平屋が建てれる住宅会社の紹介

株式会社タクミカルの平屋住宅

事例画像01

引用元:タクミカル
https://www.takumikaru.jp/result/2321/

純和風の「蔵」をイメージした、外観は昔ながらの和風の平屋です。 地元埼玉県産の木材の中から優良な木材にこだわったものをふんだんに使って建設されています。 玄関の引き戸から温かみが伝わる住宅は、断熱性、静音性にすぐれた高性能住宅になっています。

事例画像02

引用元:タクミカル
https://www.takumikaru.jp/result/2321/

ヒノキで作られた造作洗面台と陶器でできた洗面ボウルは、施主様のこだわりだそうです。木の専門家ならではのオーダーメイド家具も取り扱っています。家の中に自分らしいこだわりの家具をさりげなく配置することができます。

事例画像03

引用元:タクミカル
https://www.takumikaru.jp/result/752/

平屋の家はバリアフリー対応を考える方が多いようです。こちらは施主様のお母様が身体に負担のないよう段差をなくし、ゆるやかなスロープで玄関までアクセスできる、年配の方にもやさしい平屋です。 日当たりもよい、玄関には木製の格子がつけられており、ガーデニングやグリーンカーテンなど楽しめます。

事例画像04

引用元:タクミカル
https://www.takumikaru.jp/result/752/

平屋の家はバリアフリーを意識される方も多くいらっしゃいます。こちらのキッチンでは背伸びしないと手の届かない吊戸棚は設置せず、代わりに光が差し込む窓が取り付けられています。収納は使いやすい引き出し式。コンロはIH式にするなど、安全性にも気を使った設計になっています。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04

平屋住宅の特徴

株式会社タクミカルの家づくりは、「木の家」にこだわっています。木材の性格を見抜く匠の技は、何十年、何百年と手入れを続けることが長持ちさせることができます。 お客様の要望は最大限どころか、ご要望以上のこともできることが多くあるそうです。 打ち合わせからアフターフォローまで、すべて担当するのは大工さん。営業コストを大幅に削減することで、施主様のやりたいことや、素材のグレードアップに費用をかけることが可能になっています。 また、オーダーメイド家具にも自信があり、理想通りの収納家具やテーブルなどが大手メーカーよりもかなり安価に制作できます。

企業への口コミ

平屋住宅に関する口コミがありませんでした

企業情報

所在地 埼玉県入間市東町3-1-32
定休日 年中無休
営業時間 08:00〜18:00

斎藤建設の平屋住宅

事例画像01

引用元:斎藤建設
http://maruyoshi-k.jp/gallery/gallery01.html

無機質になりがちな平屋の家で、個性あふれる外観の家になりました。施主様と大工さんの協力により、照明にもこだわったとても印象的な家になりました。さらに省エネ住宅でもあり、デザインと暮らしやすさの両立にこだわった平屋の家です。

事例画像02

引用元:斎藤建設
http://maruyoshi-k.jp/gallery/gallery08.html

平屋の家では、二階建て、三階建てに比べて高さ制限を気にして設計する必要はほとんどありません。 天井を高くすることで、実際の広さよりもさらに大きな空間に感じられます。 広々とした空間に、梁や柱がアクセントにもなり、オシャレなリビングになっています。

事例画像03

引用元:斎藤建設
http://maruyoshi-k.jp/gallery/gallery08.html

1階リビングに天窓が取り付けられるのも、平屋のメリット。家の中に光が差し込む天窓からは、リビングから青空や星空を見ることもできます。夏の暑さが心配になりますが、高断熱の平屋では夏も涼しく過ごすことができ、光熱費も節約できます。

事例画像04

引用元:斎藤建設
http://maruyoshi-k.jp/gallery/gallery08.html

大きな掃き出し窓を取り付けることで、部屋全体が明るくなり、玄関に回らなくても直接庭に出ることができます。すべてのお部屋から庭に出ることができるのは、平屋ならでは。庭のグリーンと相性の良い木材の内装は、自然をより身近に感じられます。

事例画像05

引用元:斎藤建設
http://maruyoshi-k.jp/gallery/gallery08.html

細部に至るまで細かいデザインが実現されています。難しいと思われたデザインでも、大工さんと施主様の協力でつくりあげることができたそうです。大工さんの細かな心遣いが満足のいく平屋の家につながりました。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

スーパーやウォール工法を取り入れ高気密・高断熱の高性能住宅の家づくりをしている斎藤建設。時代ととも歩み続け、創業130周年を迎える老舗です。地域の工務店として、家だけでなく「人」や「想い出」を作ることにもこだわっています。デザイン性を保ちながら、高気密、高断熱の性能はそのままに理想の家を実現します。 完成前の住宅で、実際の高性能住宅がどのようなものか体験できる構造見学会も開催しているので、お客様の目で実際の住宅の構造や性能を確かめることができます。

企業への口コミ

平屋住宅に関する口コミがありませんでした

企業情報

所在地 埼玉県鶴ヶ島市五味ヶ谷152-10
定休日 日曜・祝日
営業時間 10:00〜18:00

内山木材建設の平屋住宅

事例画像01

引用元:内山木材建設
https://www.uchiyama-mokuzai.co.jp/archives/construction/憧れの庭のある平屋住宅

登山や自転車が趣味という施主様が、マンション住まいから引っ越す際に、庭のある平屋の家をご希望されたというこだわりの家です。杉やヒノキをふんだんにつかった木のぬくもりがいっぱいの家になりました。平屋ですが、小屋裏にもお部屋が作られており、書斎としても使うことができるそうです。

事例画像02

引用元:内山木材建設
https://www.uchiyama-mokuzai.co.jp/archives/construction/憧れの庭のある平屋住宅

アウトドアが趣味の施主様らしく、玄関には自転車が多く置けるよう広い土間を施しています。無垢材の壁に、自転車が映えています。シューズインクローゼットには、靴だけでなく登山に出掛ける際の荷物なども保管できる十分な大きさです。

事例画像03

引用元:内山木材建設
https://www.uchiyama-mokuzai.co.jp/archives/construction/リビングに家族が集まる平屋の生活

ご夫婦とお子様2人のご家族で、リビングを中心とした「子育て」を目的とした平屋の家です。子供部屋、寝室、洗面所などすべてのスペースをリビング中心とする生活動線は、平屋の家ならでは。将来のために、部屋を増設することも可能。あらかじめリフォームがしやすいつくりになっています

事例画像04

引用元:内山木材建設
https://www.uchiyama-mokuzai.co.jp/archives/construction/リビングに家族が集まる平屋の生活

広い敷地を生かして作られた平屋の家は、リビングから続くウッドデッキから庭まで、すべてがリビングのように感じられます。リビング中心の間取りでは、バーベキューや庭で遊ぶときなど家族が同じ空間にいることを感じられます。床は厚さ20ミリのオーク材を使用し、壁と天井は漆喰で仕上げた自然素材住宅です。

事例画像05

引用元:内山木材建設
https://www.uchiyama-mokuzai.co.jp/archives/construction/家族の夢を叶えた憧れの平屋住宅

平屋住宅が憧れだったという施主様にの夢をかなえた住宅です。 大きな掃き出し窓を多く取り入れられるのも平屋住宅のよさ。 木のぬくもりを感じられる自然派な住宅には太陽光発電も設置されており、環境にやさしい平屋の家になりました。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

本物の無垢材を使った木の家を得意としている内山木材建設。 材木の専門家であることから、厳選された埼玉県産の木材を低価格で仕入れてることができ、天然木の住まいを1000万円台から提供することができます。 建築基準法の倍の耐震性能となる“耐震等級3”相当の家づくりを推奨しており、全棟で構造計算を実施。万一の震災時にも補償されるなど、耐震に自信があります。 土地探しの相談やファイナンシャルプランナーが資金相談にも乗ってくれるため、安心の家づくりが可能になります。

企業への口コミ

コメント01

まだ住み始めたばかりですが、「内山社長が急に使う事にしてくれた大黒柱」、「成田さんと一緒に決めたニッチ」など既に思い出がいっぱいの家です。 いつも温かく接していただいた事務所の皆さま、現場での変更に柔軟にご対応いただいた大工さん、電気屋さんも含め、この度、内山木材建設さんとご縁があったことに感謝し、末永くこの住まいを大切にしていきたいと思います。

参照元:内山木材建設公式HP(https://www.uchiyama-mokuzai.co.jp/archives/construction/憧れの庭のある平屋住宅)
コメント02

慎重派の内山社長に、こだわりの堤さん、積極性の平野さん、シャイな棟梁、たくさんの個性と信頼により完成した我が家は、目的達成に加え、私たちの好みに仕上がりました。 これからの私たちの人生に必要な空間実現に惜しみない対応をしていただいたチーム内山に感謝いたします。今後の思い出にて、お礼とさせていただきたいと思います。

参照元:内山木材建設公式HP(https://www.uchiyama-mokuzai.co.jp/archives/construction/リビングに家族が集まる平屋の生活)

企業情報

所在地 ●●●●●●
定休日 記載無し
営業時間 受付時間:平日09:00〜19:00 土日祝09:00〜18:00

増田建設株式会社の平屋住宅

事例画像01

引用元:増田建設
https://masuda-k.co.jp/works/post-339/

柱のない42㎡もの大空間のある平屋住宅です。平屋ならではのワンフロアでの生活で開放感をたっぷり味わえるのは、地震に強く安心のパナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を採用しているからこそ。 木と鉄を組み合わせた工法によって、開放的な住まいを予算内で実現できる。

事例画像02

引用元:増田建設
https://masuda-k.co.jp/works/post-339/

平屋の実績も豊富な増田建設で実現した、変形コの字型の特徴ある佇まいです。外張り断熱工法「くるみーな」の断熱対策で、一年中快適な住まいになっています。フェンスのない敷地は、さらに開放感があり、広く感じられます。

事例画像03

引用元:増田建設
https://masuda-k.co.jp/works/post-339/

テクノストラクチャー工法ならではの、柱のない大空間。20畳以上の柱のないLDKはスッキリしており、動線も確保しやすい快適な住空間です。広いアイランドキッチンは調理もしやすく、隣にカウンターデスクもあるため家事動線もシンプルで使いやすいそうです。

事例画像04

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_123410/123410_0001/jitsurei/jc_0022/

これまでマンション住まいだった施主様は、ワンフロアの生活に慣れており平屋の家に住みたいとご希望だったそうです。外観はベージュとグレーの落ち着いた雰囲気で、屋根には太陽光発電も搭載。エコな暮らしを実現しています。道路に面したお部屋も、静音性が高く車の音など気にならないそうです。

事例画像05

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_123410/123410_0001/jitsurei/jc_0022/

南西に配置されたLDKは、平屋ならではの勾配天井が開放感を高めてくれます。テクノストラクチャーの家は、自由度の高い設計が可能。強靭な梁「テクノビーム」を使うことで、耐震面でも安心できる大きな空間を作ることができます。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

設立から50年の歴史を持つ増田建設は、パナソニック耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を採用しています。木材と鉄骨を組み合わせることで、より頑丈な住まいを追求。木造では難しい広い空間を実現させることができます。 平屋建ての家では、ワンフロアでの広々とした暮らしと耐震性を両立させた空間づくりの実績も豊富で気軽に相談できます。 増田建設オリジナルブランドの「暖楽(だんらん)」は、高断熱、高気密であることに加えて空気の質も高めることができます。快適さとエコを組み合わせた住宅は、長期優良住宅の認定を取得することもできます。

企業への口コミ

コメント01

他社の見積もりは予算に合わせて内容を削っていく感じでした。増田建設さんには家族的な雰囲気があって要望をできるだけ実現しようと親身になってくれるところが良く、お願いしました。

参照元:SUUMO公式HP(https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_123410/123410_0001/jitsurei/jc_0010/)

企業情報

所在地 埼玉県川越市脇田新町3-52
定休日 水曜日・年末年始・夏季休暇・GW
営業時間 10:00〜18:00

株式会社古川工務店の平屋住宅

事例画像01

引用元:古川工務店
https://bruce-sakado.co.jp/works/575/

アメリカ西海岸スタイルで、特徴的なガレージのある平屋の輸入住宅です。 施主様は車のチューニングもされるそうで、広いビルドインガレージを満喫されています。ラップサイディングの外壁にカバードポーチのついた、アメリカンスタイルの平屋になりました。

事例画像02

引用元:古川工務店
https://bruce-sakado.co.jp/works/575/

高い天井とオシャレな梁は、平屋の家ならでは。洗練された無垢材の床はヘリンボーン貼りでアメリカ西海岸の住宅スタイルに。三寸勾配の屋根、広々としたリビングなど、施主様の理想のイメージにピッタリの住宅になりました。

事例画像03

引用元:古川工務店
https://bruce-sakado.co.jp/works/575/

ビルドインガレージや木製のカバードポーチといった「アメリカのごく普通の家」にしたいという施主様のこだわりがつまった平屋は、まるで本場のアメリカンハウス。広い庭ではピクニック気分で食事をしたり、バーベキューをするのも絵になる住まいです。

事例画像04

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_brucesakadotsurugashima/806761_0001/jitsurei/jc_0014/

思わず「かっこいい!」と言ってしまうビルドインガレージ。バイクが好きな施主様のこだわり空間です。リビング側に取り付けられた窓からは、リビングにいながら愛車をまるで絵画を見るように眺めることもできて、至福のひと時になりそう。

事例画像05

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_brucesakadotsurugashima/806761_0001/jitsurei/jc_0029/

趣味を楽しめるアメリカンな平屋の家。爽やかな空気感で日本とは思えない雰囲気です。完全オーダーメイドだから、こだわりの平屋も快適な住まいに。 価格も1500万円~と低コストでありながら、気密性、断熱性が優れた憧れのフラットハウスを完成させられます。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

古川工務店は、アメリカン、プロヴァンス、北欧風など海外の多くのスタイルで経験豊富な輸入住宅の専門会社です。 予算の目安は1500万円~と輸入住宅をローコストで建てることができます。 自然素材をふんだんに使った平屋の家は、夏場のジメジメした雨の日でもカラリと爽やかな室内。冬場は、厳寒の地でも対応できるレベルの断熱性能を誇る省エネ仕様で、光熱費も抑えられる。 50年、100年と住み続けることのできる海外の住宅文化を基本とした2×4工法と先進技術で、耐久性や快適な住み心地を実現しています。

企業への口コミ

コメント01

古川工務店は、ほしい仕様が標準でついているのが魅力ですね。自然素材や吹き付け断熱材、Low-E複層樹脂サッシなどはもちろん、このスタイルにピッタリなアメリカンスイッチまで!

参照元:SUUMO公式HP(https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_brucesakadotsurugashima/806761_0001/jitsurei/jc_0037/)

企業情報

所在地 埼玉県鶴ヶ島市三ツ木新町2-7-3
定休日 水曜日・年末・年始
営業時間 10:00〜18:00

松本建設 ハート・ビル建築設計事務所の平屋住宅

事例画像01

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_138300/138300_0001/jitsurei/jc_0017/

松本建設の従業員の方が建てられた平屋の家です。杉材で作られたテラスはリビングと同じ広さがあり、セカンドリビングとしても活用されています。 温かみのある外観は、天然石や、漆喰、無垢材と自然素材をバランスよく組み合わせたものです。

事例画像02

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_138300/138300_0001/jitsurei/jc_0017/

大きな掃き出し窓が2つあり、ウッドデッキへ直接アクセスできます。 採光に不安を感じることのある平屋の家ですが、これだけの大きな窓があれば日当たりは十分。床と天井には西川材の杉が使われ、壁は漆喰と、自然素材で作られたLDKは空気も澄んでいます。

事例画像03

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_138300/138300_0001/jitsurei/jc_0021/

施主様はお父様と同居されていることもあり、平屋にこだわった家を検討されていたそうです。松本建設は技術力が確かな大工さんを多数抱えて、自然素材を使った平屋がつくれることが魅力だったとのこと。 大屋根と深い軒が印象的な平屋ならではのデザインでは、玄関までのアプローチも屋根があることで濡れずに出入りすることができます。

事例画像04

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_138300/138300_0001/jitsurei/jc_0021/

全ての部屋が1階にあるため、外からの視線が気になってしまう平屋の家。 プライベートを重視したい寝室では、窓はハイサイドライトにすることで外から見えづらく、また高い位置からの採光が期待できます。 リビングから直接アクセスできる寝室は、生活動線が短く便利だそうです。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04

平屋住宅の特徴

松本建設では、エアサイクル工法を使って、素材にもこだわった木の家を、30坪1500万円からの提案と高性能ながらローコストで建てることができます。 もともと宮大工として神社仏閣の建築を担ってきており、その長年培ってきた確かな技術力に現代のくらしをマッチさせたすまいを提供しています。 無垢材や漆喰など、自然素材をふんだんにあしらった木の家では、ナチュラルな和モダンを中心としたデザインをはじめ、和風、洋風などさまざまなデザインにも対応しています。

企業への口コミ

コメント01

デッキは、窓を開けて、子どもたちがぐるぐる走り回れるように設置したんです。冬でも薪ストーブ一つで、家じゅうが暖まり、夜、薪ストーブを使っていると、朝もじんわりと暖かいんですよ

参照元:SUUMO公式HP(https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_138300/138300_0001/jitsurei/jc_0017/)
コメント02

もともと日本の古民家のような住まいを希望していたので、自然の力を取り入れながら暮らせるのは理想的ですね 軒下の縁側で涼むのも楽しみになりました

参照元:SUUMO公式HP(https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_138300/138300_0001/jitsurei/jc_0021/)

企業情報

所在地 埼玉県比企郡ときがわ町玉川4779−1
定休日 記載無し
営業時間 記載無し