注目度急上昇!これからの生活を彩る「平屋住宅」ポータル » 各都道府県の平屋をチェック » 埼玉県で建てる平屋住宅 » 熊谷市の平屋住宅事例

熊谷市の平屋住宅事例

熊谷市で平屋の家を建てるにはどの住宅メーカーにお願いするのが良いのか、迷われている方は多いのではないでしょうか。

住宅展示場などで大手住宅メーカーの住宅建築を見るのもいいですが、地元密着型の工務店の施工事例を参考にするのも手です。

両者にはそれぞれ違ったメリットや強みがあり、じっくり吟味することが大切です。大手ホームメーカーと地元工務店の両者を見比べながら、好みのデザインや間取り、設計を見つけてみてください。

熊谷市で平屋が建てれる住宅会社の紹介

ヒラヤラボ(株式会社アイムホーム)の平屋住宅

事例画像01

引用元:ヒラヤラボ
https://hiraya-lab.com/constructions/o様邸/

室内は段差をなくしすべてをフラットにした平屋住宅です。部屋数を少なくしキッチンもあえて別のスペースを作らず、スムーズな動線で家事が行える配置にしているのが特徴です。ワンフロアで、行動がすべて完結するのが平屋のいいところ。正面にはテラスを設置し、子どもたちのちょっとした遊び場や家族でくつろぐ場としても活用できます。リビングからもテラスを視野に入れることができるので、子供が遊んでいる時なども目で追うことができるので安心感もあります。

事例画像02

引用元:ヒラヤラボ
https://hiraya-lab.com/constructions/k様邸-2/

一見平屋の家とは思えないルックスですが、これもれっきとした平屋の家。最近は平屋の家を斜め天井にすることでメリハリを出し、ロフトを設けるのが流行しています。そうすることで天井を高く取ることができるので、開放感ある室内を実現。また特徴的なのが、室内のすべてのドアがスライドドアになっていることです。引き戸に比べて設置のスペースこそ取りますが、無駄なスペースを作らず快適な動線を確保できるのがスライドドアのメリットです。

事例画像03

引用元:ヒラヤラボ
https://hiraya-lab.com/constructions/n様邸/

玄関の段差をなくし、駐車スペースを家屋の内部にスペースを作ったバリアフリーの平屋です。室内まで自然光が届くよう、細長い家の作りにしました。このことで両面の窓からたくさんの自然光が降り注ぐ室内は明るく安らげる空間に。また、収納スペースにもこだわっているのも特徴です。クローゼットではなく、至る所に建て付けの棚を作りことで十分な収納スペースを確保しています。オープンな棚なので、どこに何があるのかすぐに確認できるのもポイントです。

事例画像04

引用元:ヒラヤラボ
https://hiraya-lab.com/constructions/h様邸/

無垢材を贅沢に活かした家には、独特の温かみがあるものです。この無垢材はピカピカのときはもちろん、経年とともに色に深みが出て味わいが出てくるので、それを楽しめるのもまたメリット。自然素材はシックハウスなどにも有効な上、湿気、そして害虫被害にも強いのが特徴です。この平屋の家は天井を高くすることで室内に開放感を与えるとともにロフトスペースをたっぷりと確保しています。

事例画像05

引用元:ヒラヤラボ
https://hiraya-lab.com/constructions/h様邸/

平屋の家はバリアフリー化しやすく動線も意識しやすいという特徴があります。その反面、ウォークインクローゼットなどの収納が取りにくいというデメリットも。そこで、あえて収納を至る所に設置したのがこちらの家。壁面収納を複数設置し、また、独立した広めのウォークインクローゼットを作りました。平屋と言うことでスペースは限られている中で、効率的に収納スペースを取ることができた例。平屋の動線のスムーズさを活かしつつ、しっかり生活の便利さも取り入れることができる設計力はさすがです。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

平屋専門のハウスメーカーとして、平屋のいい面を生かす設計を得意としているヒラヤラボ。収納スペースの取り方の工夫したり、天井の高さを変えることで開放感を演出したりと、快適な平屋を作ることを得意としています。 特にヒラヤラボが力を入れているのが、バリアフリー住宅です。段差をなくし、室内の動線をスムーズにすることで高齢の方でも暮らしやすい家を実現しています。また、将来的なバリアフリー化を見据えた家作りもできるので、若い夫婦にも人気となっています。 無垢材を活かした家、あるいは和モダンのオシャレなインテリア、ヨーロッパ風のインテリアなどデザイン面でも色々できる懐の深さを持っています。

企業への口コミ

コメント01

初めて話を聞きに行った時、なんの知識もなくプランもなく、とびこみで行ったにもかかわらず、家を建てる費用など、親身になって教えてくれ信用できると思った。

参照元:ヒラヤラボ公式HP(https://hiraya-lab.com/post_testimonials/東松山市東平-o様/)
コメント02

家族の要望を上手にまとめてもらえて良かったです。特に、トレーニングの為に懸垂できる場所を希望したのですが、雲梯を提案していただいて驚きました!結果としは、室内物干し場と子供達の遊び場にもなって大満足です!

参照元:ヒラヤラボ公式HP(ttps://hiraya-lab.com/post_testimonials/t様邸/)

企業情報

所在地 埼玉県東松山市石橋360
定休日 記載無し
営業時間 10:00〜18:00

株式会社ヒロ建工の平屋住宅

事例画像01

引用元:ああああああ
https://hirokenkou.co.jp/case/02/

木の温もりとダイナミックなアメリカンスタイルを感じられるシリーズがCOVACOシリーズです。この平屋の家は玄関ドア、壁はもちろん、軒天や屋外に設置したフェンスやカバードポーチまですべて木でできています。インナーガレージが付くのもこのシリーズのポイントのひとつ。 また、平屋だからこそできる設計の妙、それはエアコンもストーブも1台で家中をコントロールできちゃうところ。その他、特徴的なのはそのエッジの効いたスタイルだけではなく、1000万円台で建てられるその安価な価格設定にもあります。

事例画像02

引用元:ヒロ建工
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_100047/100047_0001/jitsurei/jc_0035/

オーナーは自然の多い場所に暮らしたいという思いから土地探し、この家を建てたとのこと。床、天井には無垢材が使用されています。窓の間口をあえて大きくすることで外の自然と一体感を多く感じるようにしているのがポイント。また、その窓からは段差なしで外へと出られるウッドデッキを設置しています。多趣味なオーナーには「必ずガレージを作りたい」という希望があり、平屋の特徴としてある動線のスムーズさを確保すべく、キッチンからガレージへと行き来できるようにしたようです。

事例画像03

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_100047/100047_0001/jitsurei/jc_0016/

アメリカンスタイルと平屋の相性は抜群。こちらの平家の家は、まさにアメリカンビンテージスタイルのデザインを取り入れています。リビングダイニングを中央に配し、そこから3つの部屋へのスムーズな動線を確保。アイランドキッチン型にすることで、お母さんが台所に立ちながら家中を視界に収められる作りに。この平屋の家のように、子供がどこの部屋にいても目が届く、子育てを考えた間取りにできるのが平屋の特徴です。

事例画像04

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_100047/100047_0001/jitsurei/jc_0010/

家の中心部に薪ストーブを設置した平屋の家です。これ1台で冬場は家全体が温まるつくりになっているのが嬉しいポイント。暖房だけでなく冷房も聞きやすいのが平屋の魅力です。無垢材をふんだんに使い、LDKも多くの無垢材が剥き出しで使われることで、ナチュラルな雰囲気のインテリアを実現しています。また、正面中央に大きな間口の窓を設置しており、自然光をふんだんに取り入れることができるので日中の明るさは特筆すべきポイント。アメリカンスタイルのウッドデッキではバーベキューなども楽しめる。すべてがワンフロアで完結する平屋ならではのメリットが詰まった家です。

事例画像05

引用元:SUUMO
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_100047/100047_0001/jitsurei/jc_0029/

一見するとコンパクトな平屋のように見えるルックスですが、傾斜天井でロフトを設けています。オーナーは「夫婦2人でコンパクトに住みたい」と考えた際、平屋の家を建てることを思いついたとのこと。ロフトを設けることで、手狭になりがちな平屋の問題をクリアしています。リビングを吹き抜けにし開放感を出しつつ、ロフト部分には10.5畳ほどの広いスペースを確保。 吹き抜けにすることで光の周り方もよくなり、明るい室内が実現しています。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

株式会社ヒロ建工の家づくりのコンセプトは、そこに住む人のライフデザインをしっかり反映させた家づくりです。くわえて自然素材をふんだんに使った人にも自然にも優しい家づくりや、施主のお孫さんの代まで使うことができる行き届いたメンテナンスの3つも重視しています。 規格住宅と完全オーダーメイドのフリープランがあり、在来工法はもちろん、重量鉄骨構造も手掛けています。長期優良住宅、ZEH、断熱、耐震、制震もこだわっているのも特徴です。 デザイン面で特に目立っているが、実はコストパフォーマンスが高いのは特筆すべきポイント。1,000万円台から家を建てることも可能。 インテリアにも拘っており、コーディネーターが依頼者の好みに合わせて提案も行っている。

企業への口コミ

コメント01

スキップフロア設計のおかげで空間を広くとり、子どもにも個室を与えられました。子供室はLDKより半階下にあるため、キッチンから様子が分かります。もちろん会話もできますよ。

参照元:ヒロ建工公式HP(https://www.hirokenkou.co.jp/voice/)
コメント02

要望を伝えた時に『無理ですよ』と言わず、希望が叶うよう頑張ってくれる姿勢に惹かれました。私はデザイン、主人は断熱面にこだわりがあり、かなり大変だったと思うのですが。

参照元:ヒロ建工公式HP(https://www.hirokenkou.co.jp/voice/)

企業情報

所在地 埼玉県入間市野田1390-2
定休日 記載無し
営業時間 記載無し

株式会社 サン勇建設の平屋住宅

事例画像01

引用元:サン勇建設
https://www.sunyou-namazu.co.jp/co_visit/ecf47e3ca889e74111576aa6d2fce31c-326.html

70代のご夫婦が暮らす平屋の家です。シンプルで無駄のない暮らしを希望したご夫婦の要望に、しっかり沿っています。玄関、そして室内の戸は引き戸をチョイスし、今後のバリアフリー化も考慮しています。また、外観からはわかりませんが、室内に入ればもみの木をふんだんに使った木の家がと言うことがわかります。もみの木は、リラックス効果はもちろんのこと、虫にも強く、また断熱性能も高いのが特徴。また、室内の空気をきれいにしてくれるのも嬉しい効果ですよね。

事例画像02

引用元:サン勇建設
https://www.sunyou-namazu.co.jp/co_kanko_voice/befe7a10e544c69898f6b4ec8089b57b-440.html

中に入れば天井、床、そして壁にまで無垢材を活かした作りが和みます。 前面に3つの窓を設置したことで室内は日中は太陽光が降り注ぎます。左右に広くとった分、奥行きはありませんが、角スペースが横並びになることで、全ての部屋に窓を設置でき光が入るとともに、間取りの配置に無駄なスペースもなく、また室内の動線をよりスムーズにしています。 また正面から見るとわかりますが、斜め屋根となっているので、室内は天井も高く取ることができ開放感が生まれています。

事例画像03

引用元:サン勇建設
https://www.sunyou-namazu.co.jp/co_kanko_voice/07f7b3a8e1f127722577f6e1-440.html

窓の間口を広く取り、外との一体感を味わえることは平屋だからこそできることではないでしょうか。この平屋の家も、全面に大きな掃き出し窓を設置して採光性を確保。明るく開放的な雰囲気を演出しています。 また、窓に面した廊下をつくる代わりに、部屋と部屋が窓際の扉でつなげているのもポイント。家の左から右まで窓沿いがつながっているような作りとなっているので、動線もとてもはっきりと便利になっているといえます。

事例画像04

引用元:サン勇建設
https://www.sunyou-namazu.co.jp/co_kanko_voice/07f7b3a8e1f127722577f6e1-440.html

平屋は動線のスムーズさ、便利さというメリットがあります。その反面、ワンフロアで各スペースを作るので間取りが少なくなってしまうのがデメリットです。そこで有効に使いたいのが、小屋根収納です。屋根を傾斜させ、その部分に収納を作ることができます。また屋根が傾斜している部分の小屋根収納を反面にして、それ以外の部分は天井を高くすることで大きな開放感を手に入れることができます。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04

平屋住宅の特徴

サン勇建設の家づくりは、しっかりとした基礎と構造、そして内装はもみの木をふんだんに使うことが特徴です。基礎工事は一般的なそれより1mほど深く掘り、地盤改良材と混ぜて人工岩盤を作ることから始まります。同社はもみの木の使用には並々ならぬこだわりを持っているのも特徴です。もみの木には消臭効果や防音効果、防虫効果など優れた効用が期待でき、健康的な家づくりを実現できます。 また、こだわりは健康面だけではありません。2×4工法を採用しており、地震と火災に滅法強いのも特徴のひとつ。健康的で強い家づくりはもちろん、そこに住まう人へのサポートも欠かさないのがサン勇建設の特徴です。

企業への口コミ

コメント01

サン勇さんにお願いしたいと思ったのは、基礎が素晴らしかったから。散歩の途中、たまたまサン勇さんの建設現場を通りかかったら、ものすごくしっかりした基礎工事をしていたのでね。基礎に惚れたんです。

参照元:サン勇建設公式HP(https://www.sunyou-namazu.co.jp/co_visit/ecf47e3ca889e74111576aa6d2fce31c-326.html)

企業情報

所在地 埼玉県草加市神明2-4-19
定休日 水曜日・第1、第3、第5火曜日
営業時間 09:00~17:30

古郡ホーム株式会社の平屋住宅

事例画像01

引用元:古郡ホーム
https://furugori-home.com/gallery/四季の移ろいを感じる平屋/

テーマは田園、自然と共存する暮らしとのこと。家の前にある田園を望めるよう、大きな間口の窓を設置したリビングがこだわりです。前面窓を開ければ、リビングとつながったワイドなウッドデッキもあり、まるで田園とつながっているかのような自然の空気を感じることができます。 また、土間には薪ストーブを設置。これ一台で、家中が暖かくなる暖房効率の良さが平屋の家のメリットのひとつです。

事例画像02

引用元:古郡ホーム
https://furugori-home.com/gallery/通り土間と離れ和室がある家/

広い敷地面積だからこそ建てられる平屋の家です。とにかく幅広に贅沢な敷地を使っているので、建屋内に駐車スペースを作るなど、デザイン面にも余裕を感じさせます。直線的な水平のラインと、和モダンなルックスが特徴的。周りの景色にも溶け込んでいて穏やかだけどセンスフルです。 来客が多いとのことでリビングとつながるダイニングスペースにもふんだんに面積を取り、客人をもてなすのはそのスペースで。

事例画像03

引用元:古郡ホーム
https://furugori-home.com/gallery/ボサノバが似合うサーファーズハウス/

サーフィンをしている方にとって憧れなのが、カリフォルニアスタイルの平屋の家ではないでしょうか。こちらはホワイトを基調にした爽やかなサーファーズハウス。エントランスの前にカバードポーチの面積をたっぷりととり、サーフボードの手入れがしやすい作りに。 外壁材はウエスタンレッドシダーを採用し、それに白の塗装を施しています。年月の経過とともに変色も楽しめる上に、上から白の塗料をメンテナンスとして塗り重ねていくことで、より一層の家への愛着を感じていくこと間違いなしです。

事例画像04

引用元:古郡ホーム
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_furugorihousing/130748_0001/jitsurei/jc_0001/?ichiranIdx=1

敷地面積は372坪ほど。そんな広い土地だからこそ実現できたのが、平屋の家の二世帯住宅です。平屋の良さは便利さ、生活動線のスムーズさにあります。その良さを活かしつつ、二世帯平屋住宅を実現できているのが魅力です。 まず目を引くのは黒色のガルバリウム鋼板の外壁などのデザイン性の高さ。内部に目を向ければ、建物のど真ん中に玄関ホールを設置し、そこから親世帯・子世帯と分かれるエッジの効いたデザインです。

事例画像05

引用元:古郡ホーム
https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_furugorihousing/130748_0001/jitsurei/jc_0007/?ichiranIdx=4

「外壁材に黒ガルバリウム鋼板、そして家の中央に中庭を配し、それを取り囲む形にすることで自然光を各部屋に取り入れたい」と希望したオーナー。そして間取りにもたくさん希望を詰め込んで作ったといいます。広いリビングとDKから見渡せる子供のピアノ部屋。そのすべてを平屋で実現し、かつ、平屋にプラスαでちょっとした2階スペースを設けることで、平屋特有の間取りの少なさを解消しました。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04
事例画像05

平屋住宅の特徴

古郡ホームの平屋は無駄なスペースを極力作らず、平屋特有の少ない面積で開放的な空間を作っているのが特徴。 光の取り入れ方にもこだわりを持っています。開口部を大きく取ることはもちろんのこと、平屋には2階がないことによる柱、壁の減少から、光を遮るものを極力減らすことで、たくさんの光を取り込めるような設計をします。また廊下を作らずに、各部屋への動線をスムーズに取れる設計を実現しているのもポイント。そして平屋だからこその地震い対する強さも発揮させる家づくりを行っています。機能面では気密性の高さ、断熱性の高さも、そして風の通し方にもこだわっています。 自然素材、無垢素材をふんだんに使用するのは言わずもがな、L字型の平屋の家、あるいは二世帯で暮らす平屋の家など目の付け所も普通の斜め上を行っているハウスメーカーです。

企業への口コミ

コメント01

建てたかったのは、二世帯で暮らす平屋住宅でした。ハードルの高い要望とは思っていましたが、プランを目にした時に”これだ!!”と思いました。

参照元:SUUMO公式HP(https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_furugorihousing/130748_0001/jitsurei/jc_0001/?ichiranIdx=1)
コメント02

黒ガルバリウムのカッコいい外観、中庭を囲む明るい室内、平屋+αの間取り、広々としたリビング、LDKから見通せるピアノ室、ダイニングキッチンの折り上げ天井など、やりたいことが満載でした。それら全部をこの家で叶えることができました。

参照元:SUUMO公式HP(https://suumo.jp/chumon/tn_saitama/rn_furugorihousing/130748_0001/jitsurei/jc_0007/?ichiranIdx=4)

企業情報

所在地 埼玉県深谷市稲荷町2-10-6
定休日 記載無し
営業時間 記載無し

株式会社自然派住宅の平屋住宅

事例画像01

引用元:自然派住宅
http://shizenhajutaku.co.jp/case/30代ご夫婦が考えた家族4人で暮らす34坪平屋住宅/

平屋はすべての生活動線を、LDK中心に考えることができるのがメリットです。特に子育て世代など、家の隅々まで目を届かせることができるのは平屋の家ならではだといえます。 この家は敷地面積も広く、前面、ちょうどリビングの真前に広いお庭を設定。リビングからもその庭が一望できる配置となっています。 また、太陽光パネルを設置し、電気は自給自足。また、床全面に床暖房を導入しているので、冬は家中が暖かいのも特徴です。冬場に怖いのがヒートショックですが、脱衣所、洗面室、トイレ、キッチンまで暖かです。

事例画像02

引用元:自然派住宅
http://shizenhajutaku.co.jp/case/20代で建てた、自然素材た~っぷりのフラットハウ/

外壁はすべて天然木の板張り、家壁こそ壁紙を使用していますが、床材、そして天井なども天然木を使用しているナチュラルハウスです。室内は木の香りに包まれ、癒されること間違いなし。また気は消臭効果とともに湿気防止効果など多くのメリットをもたらしてくれると同時に、経年による味わいの変化も見逃せない部分です。 この家の特徴は平屋特有の熱効率を生かすべく暖炉を設置していること。そして、アイランド型のキッチンを中心に配し、そこからの動線、そして視野が隅々まで行き渡ることを狙った間取りとなっていることです。

事例画像03

引用元:自然派住宅
http://shizenhajutaku.co.jp/case/純和風・癒しの空間。夫婦と愛犬の平屋住宅/

家主が趣味のツーリング中にモデルハウスを見かけたことをきっかけに、とんとん拍子で家を建てることになったとのこと。家主のこだわりは、とにかく和を全面に押し出すことです。 中心部の坪庭をとりかむように配された部屋、どの部屋からも坪庭を楽しむことができます。床材、天井はすべて天然木を惜しげもなく使用。傾斜屋根にし、屋根裏など作らず天井を高く設定することでリビングの開放感がすごい。 また、愛犬がおり、ペットの動線も設計に盛り込んだようです。

事例画像04

引用元:自然派住宅
http://shizenhajutaku.co.jp/case/贅沢な自然空間!・・・夫婦2人の広々平屋/

外観は煉瓦造りで西洋風。一歩中に入ると内装は木材が中心で、温かみのある空間になっています。床材から壁材、そして天井まで自然素材を使用しているので、化学物質に敏感な方でも安心です。無垢材に囲まれる生活は癒しと安らぎを日々感じられます。 特徴的なのは勾配天井。しかもかなり急勾配。中から見ると天井がかなり高い。リビングがかなりの大空間に感じられるのは勾配天井の特徴であり平屋づくりの特徴でもあります。

事例画像01
事例画像02
事例画像03
事例画像04

平屋住宅の特徴

社名の通り、自然素材を用いて化学物質を極力使わずに心と体に優しい家づくりをしている住宅メーカーです。優しい家、シックハウス対策、アトピー性皮膚炎の原因となるダニの発生を防ぐ家づくりを得意としているのが特徴。家族が末長く安心して暮らしていけると考えています。使うのはもちろん天然木。構造材には地元埼玉の秩父杉を使っています。 また、安全にもとことん配慮した家づくり。屋根瓦は天然原料のものなのだが、耐久性と耐風性を高めた作り、そして震災などにも強いSRC基礎は強固な上に、地熱を利用した床暖房にできるメリットもあります。夏には天然の床冷房にもなり、快適に過ごせます。 「耐震性能を上げるだけでは不十分」と言う考えから、制震装置を導入しての揺れの抑制を推奨しています。免震と違いローコストで戸建てに導入できるのも自然派住宅の家づくりの特徴です。

企業への口コミ

コメント01

もともと自然素材を意識していた。大手ハウスメーカーも検討したが、素材により目が痛くなるなどがあった。営業の対応が大変気に入った。自分が盛り込みたいと思っていた要素が凝縮されていた。小さい会社だからこそ、かゆいところに手の届くサービスがあると思った。

参照元:自然派住宅公式HP(http://shizenhajutaku.co.jp/case/純和風・癒しの空間。夫婦と愛犬の平屋住宅/)
コメント02

当初別のハウスメーカーで見積をとったが自然派のほうが風土に合うと思った。予算の相談など細かいフォローを受けられた。モデルハウスの素材も含め大変気に入った。老後を考えて平屋を意識していた。担当者が親身になってくれた。

参照元:自然派住宅公式HP(http://shizenhajutaku.co.jp/case/贅沢な自然空間!・・・夫婦2人の広々平屋/)

企業情報

記載無し
所在地 埼玉県東松山市石橋1686-2
定休日 記載無し
営業時間