「平屋住宅」ポータル » 平屋の設計 » ロフトがある平屋住宅

ロフトがある平屋住宅

ロフトのメリット

平屋住宅にロフトを設置するメリットは、主に以下の4点です。具体的に紹介しましょう。

・平屋住宅でも居住スペースを広げられる
・コストパフォーマンスが高い
・居住スペースのアクセントになる
・家族の気配を感じられるスペースになる

平屋住宅を検討される方の多くは、将来的に階段の上り下りがつらくなり、上階を使わなくなることを想定されています。しかし、平屋にすると2階建て住宅よりも居住スペースが減ってしまうので、部屋が狭かったり収納スペースの確保が難しかったりという可能性もあります。
そこで、選択肢として挙がるのがロフトです。2階に部屋を作るほどではないけれど、収納スペースが欲しいという方にはとくに魅力的でしょう。

平屋にロフトを設置するのと、2階建て住宅を建てるのでは、ロフト付き平屋住宅のほうが一般的に建築コストは安い傾向です。また、ロフトは税金面でもメリットがあります。
条件はいくつかありますが、ロフトは居室部分とは考えないため、延床面積に算入されません。つまり、ロフトの面積は固定資産税の対象外になるのです。
このため、延床面積に反映される「階」を作るよりも、ロフトを設置するほうが固定資産税を抑えられます。

ロフトは天井までが低く、秘密基地のようなスペースです。梯子階段を上って、天井近くから居住空間を見下ろすのはワクワク感があり、とくに子どもがいる家庭では、子どもたちにとってお気に入りの場所になるでしょう。
また、平屋では採光のために天井近くに窓を設ける家も多く、星空を眺めたりごろ寝したりできる特別な場所になるはずです。
ロフトは一般的な部屋と異なり、オープンなスペースとして使います。個室ではないため、いつでも家族の気配を感じられるのもメリットです。
子ども部屋やリモートワークのスペースとしても有効に使えるでしょう。

ロフトのデメリット

平屋住宅にロフトを設置するデメリットは主に以下の3点です。

・ロフト設置のための条件を満たす必要がある
・暑さや暗さへの対策を考える必要がある
・安全対策が必要である

ロフトを設置するにはいくつかの条件があり、それを満たす必要があります。
まず、ロフトは天井高1.4mまで、広さは下階の面積の2分の1未満にしなければなりません。
また、自治体によっては固定階段を付けるとロフトとして認めないケースもあります。条件を施工業者に確認しながらプランニングしていきましょう。

ロフト部分は窓なく空気が通らないことが多く、夏は暑すぎたり暗かったりというデメリットがあります。対策を考えておかなければ、なかなか利用しない場所になりかねないので注意しましょう。
ロフトは子どものお気に入りの場所になりやすいので、その分安全対策をしておく必要があります。子どもでも使いやすい階段にしたり柵を付けたりしましょう。

まとめ

平屋住宅に付いているロフトは、居住空間を広げて、家族がお気に入りの場所になる可能性があります。
2階建て住宅よりもコストが安いので、設置を検討する価値は十分にあるでしょう。

しかし、四季を通じて快適な場所にする工夫や安全対策がロフトには必要です。設置条件を事前に確認しながら、プランニングを進めていきましょう。

ロフトがある平屋の事例

サンキホーム

サンキホーム事例画像01

引用元:サンキホームHP https://sunki-home.com/gallery/new/20181221-539/

サンキホーム事例画像02

引用元:サンキホームHP  https://sunki-home.com/gallery/new/20181221-539/

サンキホーム事例画像03

引用元:サンキホームHP  https://sunki-home.com/gallery/new/20181221-539/

   
サンキホーム事例画像01
サンキホーム事例画像02
サンキホーム事例画像03
コメント

黒いガルバリウム鋼板の外壁と木格子が映える和モダンな平屋です。光を取り入れて開放感を出すために吹き抜けになった天井を活用し、リビングの横にロフトを設置しています。固定階段で上った先にあるロフトは、収納スペースとして使われています。隙間を有効活用するため、本棚を造作して収納力をアップしました。吹き抜け上部に小窓があるため、ロフトも明るい空間になっています。

参考価格 2000万円~2099万円
間取り 2LDK
延床面積 98.30㎡
敷地面積 記載なし

三昭堂

三昭堂事例画像01

引用元:三昭堂HP https://www.sansyodo.jp/gallery/details_446.html

三昭堂事例画像02

引用元:三昭堂HP  https://www.sansyodo.jp/gallery/details_446.html

三昭堂事例画像03

引用元:三昭堂HP  https://www.sansyodo.jp/gallery/details_446.html

   
三昭堂事例画像01
三昭堂事例画像02
三昭堂事例画像03
コメント

黒を基調にしたシックなデザインの平屋住宅です。片流れの屋根は手前側が高くなっているため、正面から見ると2階建て住宅に見えます。こちらのお宅では、勾配天井を利用して、キッチンの上に小屋裏収納を設置。階段を上ると、リビングダイニングを見下ろせて壮観です。階段は固定式なので、荷物を持って上り下りがしやすいのも魅力。将来のために平屋建てを選択した場合でも、2階建てのよさを味わえるロフト付きメリットいっぱいです。

参考価格 2000万円~2499万円
間取り 2LDK
延床面積 106.75 ㎡
敷地面積 330.69 ㎡

KOUBOU STYLE(建築工房相良)

 KOUBOU STYLE(建築工房相良)事例画像01

引用元:KOUBOU STYLE(建築工房相良)HP https://k-koubou.co.jp/?p=1019

 KOUBOU STYLE(建築工房相良)事例画像02

引用元:KOUBOU STYLE(建築工房相良)HP  https://k-koubou.co.jp/?p=1019

 KOUBOU STYLE(建築工房相良)事例画像03

引用元:KOUBOU STYLE(建築工房相良)HP  https://k-koubou.co.jp/?p=1019

   
 KOUBOU STYLE(建築工房相良)事例画像01
 KOUBOU STYLE(建築工房相良)事例画像02
 KOUBOU STYLE(建築工房相良)事例画像03
コメント

エメラルドグリーンの屋根が海外のリゾートを彷彿とさせる、かわいらしい平屋住宅です。広いウッドデッキと庭を囲むように建っている平屋ではアウトドアを楽しめます。こちらのお宅は、屋根裏まで断熱パネルを使っているのが特徴。キッチン上に設けられたロフトは、夏でもエアコン1台の稼働で快適に過ごせます。単なる収納スペースではなく、のんびりくつろげるセカンドリビングとして使えるロフトです。

参考価格 2940万円
間取り 3LDK
延床面積 119.24㎡
敷地面積 830.96㎡

アイモク(愛岐木材住建)

アイモク(愛岐木材住建)事例画像01

引用元:アイモク(愛岐木材住建)HP https://aimoku.jp/archives/14733

アイモク(愛岐木材住建)事例画像02

引用元:アイモク(愛岐木材住建)HP  https://aimoku.jp/archives/14733

アイモク(愛岐木材住建)事例画像03

引用元:アイモク(愛岐木材住建)HP  https://aimoku.jp/archives/14733

   
アイモク(愛岐木材住建)事例画像01
アイモク(愛岐木材住建)事例画像02
アイモク(愛岐木材住建)事例画像03
コメント

片流れの屋根は背が高く、平屋には見えない住宅です。こちらのお宅は27坪とコンパクトなサイズですが、高さを活かして広々とした空間を作り出しています。リビングを望むように配置されているのは、5畳のロフトと4畳の小屋裏収納。勾配天井に大きな窓があるので、ロフトを配置しても暗くなりません。全館空調換気システムのおかげで、ロフトの暑さ対策もできています。

参考価格 2000万円~2499万円
間取り 3LDK+ロフト+物置
延床面積 91.09㎡
敷地面積 211.15㎡