注目度急上昇!これからの生活を彩る「平屋住宅」ポータル » 平屋の費用 » 500万円代で建てる平屋住宅

500万円代で建てる平屋住宅

近年は、小さい平屋なら500万円から立てられるようになりました。平屋は子育てや老後の暮らしも快適な空間となり、マイホームで選ぶ方も増えています。今回は、500万~というローコストで立てる平屋について解説していきましょう。

500万円で建てる平屋で把握すべきポイント

500万円で建てる平屋であれば、間取りは2~3LDKになる場合が多いでしょう。

2~3LDKはどの部屋にもアクセスしやすく、生活同線に家族がいることでコミュニケーションを取りやすくもなります。

しかし、その分プライバシーは尊守しにくい環境のため、必要であれば間仕切り等を活用しましょう。

快適に過ごすためには、収納場所の確保も大きなポイントとなります。床下収納を取り入れたり、庭に収納ボックスを置いたり等の対策をしていきましょう。

500万円の平屋間取り事例

CASE:01

500万円の平屋事例1
引用元HP:HIRAKI HOUSING
https://www.hiraki-h.com/500/
コメント

部屋数が多く、中でも和室があるといった点が魅力的な構造になっています。しっかりクローゼット収納が3つあり、収納力も抜群です。ただ、その反面1つ1つの部屋が少し狭い印象を受けます。しかし、やはり部屋数の多さは魅力的ではないでしょうか。

CASE:02

500万円の平屋事例2
引用元HP:リラクス
https://www.kodate-plaza.jp/relax_hiraya/
コメント

リビングが10帖といった広々とした空間が魅力的な平屋の間取りです。玄関にはシューズクローク、洋室には大きなクローゼットがあるので収納力の高い平屋になっています。シンプルな構造ですので、インテリアも楽しめる間取りです。

CASE:03

500万円の平屋事例3
引用元HP:楽ちん住宅
https://rakuchin-jutaku.com/
コメント

リビングには大窓が2つ、洋室にも1つ設置されているため、開放的な印象で部屋を明るく見せてくれるのが魅力的です。さらに洗面所・脱衣所が広く、快適な空間になっています。大きな収納クローゼットは洋室の面積を邪魔しない作りになっており、部屋を広くみせる工夫がされています。

CASE:04

500万円の平屋事例4
引用元HP:FIT BOND
https://www.fit-bond.jp/hiraya/
コメント

500万円以下で建てられるFIT BONDの平屋は、広い間取りとウォークインクローゼットの設置など収納力が高く人気です。キッチン横には多目的スペースが設けられており、欲しい場所を自分で決められます。寝室も広々としており、快適に過ごせる空間づくりが徹底されています。

CASE:05

500万円の平屋事例5
引用元HP:平屋の窓
https://hiraya-madoguchi.com/lineup/1ldk-ys-10
コメント

ポーチがあることで広々ととれる玄関に加え、横にとった広いリビングは解放感溢れる構造になっています。リビングにはキッチンが対面で設置してあり、家族とのコミュニケーションがとりやすくなっています。3帖の和室もあり、くつろげる空間づくりがなされています。

CASE:06

500万円の平屋事例6
引用元HP:SWEETホーム
https://hirayajutaku.com/carino/
コメント

リビングに加え、洋室が2つある平屋です。洋室には仏間のスペースも確保されていて便利な構造になっています。収納スペースが押し入れのみですが、部屋数があるのでインテリア次第で上手く活用ができそうです。また、窓が多い構造なので、心地のいい空間で過ごせるでしょう。